ルミナピールの基礎知識

ルミナピール|手の甲のシミができる原因と対策

更新日:

手の甲のシミに使うルミナピールですが、綺麗になってもまたシミができないように気をつけないと同じことの繰り返しです。

手の甲にシミができる原因、そして出来ないようにしていく対策について調べてみました!

シミやくすみのない綺麗な手をキープしましょう♪

手の甲にシミができる原因は?

手の甲にシミが出来る原因は?手の甲にシミが出来る原因は何なんでしょうか?
そのメカニズムについて調べてまとめてみました。

紫外線によるトラブル

手の甲は、体の中でも露出していることが多い部分ですので、どうしても紫外線をたくさん浴びてしまいます。

紫外線を浴びると、チロシナーゼという酵素が活発化し、メラニンという色素が生成されてしまいます。

皮膚は、通常は約28日の周期で新しい細胞、皮膚に生まれ変わります。このことをターンオーバーと呼びますが、紫外線を浴びメラニンが大量生成されてしまうと、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。

そして新陳代謝されなくなり、本来なら剥がれ落ちるはずのメラニンがそのまま滞ってしまいシミになってしまうんです。

長年、紫外線を浴び続けていることで肌がダメージを受けてしまい、メラニンを外に排出する力が弱くなります。

その為、紫外線を浴びやすい手の甲はシミが出来やすいんですね。

ですので、手の甲にシミを作らないようにするためには、何より紫外線から肌を守ることが大切です。

生活での外部刺激

手は体の中でも一番よく使う箇所でもあります。

その為、生活している中で外部刺激が加わることが多いのです。

手を洗ったり、洗い物をしたりすることでも実は手が乾燥してしまっているんです。

乾燥に加え、食器用洗剤などによる刺激もある分、手は外部刺激を受けやすいのです。

そして、乾燥によってターンオーバーのサイクルが乱れシミになる原因となってしまいます(*_*)

手の甲のシミを防ぐ対策は?

手の甲のシミができてしまう前になるべく防ぐ方法はあるのでしょうか?

手の甲のシミを防ぐ対策について調べてみました!

手袋などで、紫外線を浴びるのを防ぐ

手は日焼け止めを塗っても洗ったときなどにとれてしまうことが多いですよね。

なので、長時間紫外線を浴びるときや外に出るときはUV対策のしてある手袋の着用をおすすめします!

運転中などでも、外から紫外線を浴びてしまいます。

なので、手袋の着用を欠かさないようにしてみて下さい◎

今は、UV対策の長い手袋などがたくさん販売されていますので、一枚用意しておくと日焼け止めを塗るよりも手軽で良いですよ!(^^)!

ダサい…なんて思って何もしないままでいると、手にはどんどんシミの予備軍が出来て加齢とともに浮き出てきます。

そうなって後悔しても遅いです。

今からしっかり予防を行いましょう!

洗剤などを使用するときは、極力肌に優しいものを選ぶ

手は、食器洗いや洗濯など、刺激の強い洗剤で刺激を受ける機会が多いです。

特に冬場は、それが原因でアカギレてしまったり、荒れてしまう原因になります。

その為、洗剤なども極力自然の成分の肌に優しい刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

また、強い洗剤を使うときは、手袋をするなど、刺激を受けないようにする工夫も必要です。

しっかり保湿を行う

手は使う頻度が高く、また洗ったりすることで乾燥しやすい部分でもあります。

お肌が乾燥してしまっていると、外部刺激を受けやすくなったり、ターンオーバーが乱れてしまう原因になってしまいます。

だから、手はこまめに保湿して潤わせるようにj心がけましょう。

炊事したあと、お風呂上がり、手を洗ったあとなど、保湿力の高いハンドクリームを用意して、こまめに塗るようにするだけで全然違います。

ルミナピールを1ヶ月使用した口コミレビューをチェック!

-ルミナピールの基礎知識

Copyright© ルミナピールの口コミレビュー!手の甲のシミに1ヶ月使ってみた効果は? , 2018 All Rights Reserved.